JUICE-JAPANのプレイヤー

credit:NASA/JPL

日本はこれまで「はやぶさ」に代表される惑星探査で、太陽系初期の記録を留めたサンプルを地球に持ち帰ってきました。
さらに、「京都モデル」とも呼ばれる”太陽系創世記”を理論的に記述する惑星形成論を、世界に先駆けて発展させてきました。
これら日本が世界をリードする強みを活かしつつ、太陽系最大にして最重要な惑星ー木星の起源を明らかにすることで、”太陽系創世記”を実証・完成させる、これは、日本にしかできない重要な貢献です。
さらに、我々の住む太陽系と、太陽系の外に続々と発見される”系外惑星系の創世記”と比較することで、太陽系のような惑星系は宇宙にありふれているのか、それとも特殊な存在なのかを理解することにつなげていきます。
このように木星系の起源を明らかにすることは、単に太陽系の一惑星の問題にとどまらず、地球の大気や海の起源や、宇宙における太陽系の普遍性の解明につながる、自然科学における根源的問題です。
我々はどこから来たのか、我々は何者かー人類が抱き続けてきた疑問に、科学的に答えを出すことこそJUICE 探査における日本の狙いです。

PEOPLE JUICEを支える人々

2019年3月時点

1.機器を開発する研究者
研究者名 所属 担当機器
笠井 康子 情報通信研究機構 NICT SWI
笠羽 康正 東北大学 大学院理学研究科 RPWI
浅村 和史 JAXA 宇宙科学研究所 PEP
塩谷 圭吾 JAXA 宇宙科学研究所 GALA
竝木則行 国立天文台 月惑星探査検討室 GALA
黒田剛史 情報通信研究機構 NICT SWI
佐川 英夫 京都産業大学 理学部 SWI
2.惑星形成理論や惑星物理を専門とする惑星科学者
研究者名 所属 担当機器
春山 純一 JAXA 宇宙科学研究所 JANUS
笠井 康子 情報通信研究機構 NICT SWI
竝木則行 国立天文台 月惑星探査検討室 GALA
木村 淳 大阪大学 大学院理学研究科
黒田剛史 情報通信研究機構 NICT SWI
佐川 英夫 京都産業大学 理学部 SWI
生駒 大洋 東京大学 大学院理学系研究科
堀 安範 自然科学研究機構
アストロバイオロジーセンター
井田 茂 東京工業大学 地球生命研究所
佐々木 晶 大阪大学 大学院理学研究科
倉本 圭 北海道大学 大学院理学院
鎌田 俊一 北海道大学 大学院理学院
3.望遠鏡を使った天文観測を専門とする天文学者
研究者名 所属 担当機器
塩谷 圭吾 JAXA 宇宙科学研究所 GALA
生駒 大洋 東京大学 大学院理学系研究科
井田 茂 東京工業大学 地球生命研究所
4.プラズマ・磁場を調べる宇宙空間物理学者
研究者名 所属 担当機器
笠羽 康正 東北大学 大学院理学研究科 RPWI
浅村 和史 JAXA 宇宙科学研究所 PEP
松岡 彩子 JAXA 宇宙科学研究所 J-MAG
齋藤 義文 JAXA 宇宙科学研究所
藤本 正樹 JAXA 宇宙科学研究所
5.水と岩石の化学反応を調べる地質・地球化学者
研究者名 所属 担当機器
関根 康人 東京工業大学 地球生命研究所
渋谷 岳造 海洋研究開発機構
西澤 学 海洋研究開発機構
名簿
研究者名 所属 担当機器
2 春山 純一 JAXA 宇宙科学研究所 JANUS
1・2 笠井 康子 情報通信研究機構 NICT SWI
1・4 笠羽 康正 東北大学 大学院理学研究科 RPWI
1・4

浅村 和史

JAXA 宇宙科学研究所 PEP
4

松岡 彩子

JAXA 宇宙科学研究所 J-MAG
1・3 塩谷 圭吾 JAXA 宇宙科学研究所 GALA
1・2

竝木則行

国立天文台 月惑星探査検討室 GALA
2 木村 淳 大阪大学 大学院理学研究科 GALA
1 小林 正規 千葉工業大学 惑星探査研究センター GALA
1・2 黒田剛史 情報通信研究機構 NICT SWI
1・2 佐川 英夫 京都産業大学 理学部 SWI
5 関根 康人 東京工業大学 地球生命研究所
2・3 生駒 大洋 東京大学 大学院理学系研究科
5 渋谷 岳造 海洋研究開発機構
2 堀 安範 自然科学研究機構 NINS
アストロバイオロジー研究センター
2・3 井田 茂 東京工業大学 地球生命研究所
2 佐々木 晶 大阪大学 大学院理学研究科
2 倉本 圭 北海道大学 大学院理学院
2 鎌田 俊一 北海道大学 大学院理学院
4 齋藤 義文 JAXA 宇宙科学研究所
4 藤本 正樹 JAXA 宇宙科学研究所
5 西澤 学 海洋研究開発機構

プロジェクト・マネージャー
齋藤義文

プロジェクト・サイエンスマネージャー
関根康人

2012年〜 探査機の開発・製作 2022年6月〜 打ち上げ アリアン5 2029年1月 木星軌道突入 2032年9月 ガニメデ周回軌道投⼊ 2033年6月 ミッション終了

・搭載機器の研究開発
・航行軌道の検討
・科学目標の精査

バックアップ〜2022.9

⽊星へ巡航
地球→⾦星→地球→⽕星→地球→⽊星

2029〜2030.10
カリスト・フライバイ

〜2031.1
エウロパフライバイ

バックアップ〜2034.12

credit:NASA
credit:NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS/Kevin M. Gill